べにふうき | 花粉対策情報

べにふうき

「べにふうき」とは?

べにふうきは、独立行政法人 農業技術研究機構 野菜茶業研究所で育成され、1993年に命名登録された茶葉です。
日本のべにほまれと中国系のダージリンを交配して作られた紅茶用の茶葉で、緑茶として飲むにはやや渋味が強いという特長があります。

べにふうきは、緑茶の中でも花粉症に有効とされる「メチル化カテキン」を多く含んでいることが発表されて、ここ数年とても注目されています。

「べにふうき」は花粉症に有効

べにふうきには、「アレルギーの初期の反応を抑制する物質」であるメチル化カテキンと「原因となる抗体の産生を抑制する物質」であるストリクチニンが含まれているため、花粉症に有効とされています。
このメチル化カテキンは、ヒトの腸管からの吸収性が高く、血中濃度も長く維持され、さらに高い抗アレルギー効果が期待できる新しいカテキン成分として期待されているのです。

「べにふう」きおすすめ商品

上記のとおり、べにふうきは花粉症に有効ですが、メチル化カテキンの量が多く、そのため苦味が強く飲みにくいのです。

そこで、おすすめなのが、カプセルタイプのべにふうき。

これなら、お子様でも飲みやすく、また、持ち運びを簡単です。
今なら、お試し価格で始めることができます。

詳しくは、下記バナーから


花粉対策情報 TOP » べにふうき