2010年12月 のアーカイブ | 花粉対策情報

花粉症の市販薬

花粉症に効果的な市販薬は、内服薬や点鼻薬、点眼薬などがあります。
→『花粉症の市販薬』の詳細ページへ

花粉症の予防策

花粉症は、花粉症を発症してしまってから、花粉症にかかる前に予防することが一番重要です。

花粉をとりこまない

まず、花粉症にならないためには、アレルゲンである花粉をを除去・回避し、花粉を体内にとりこまないようにしなくてはいけません。
すでに花粉症になっている方も症状がでないようにするためには必要な予防策ですので、普段から花粉を吸い込まないようにマスクをしたり、手洗いうがいをするなどを徹底すると良いでしょう。また、花粉の付いた衣類は、花粉を払ってから家に入ったり、花粉吸引器などで花粉を除去するよう心がけましょう。

バランスの良い食事

また、花粉症を未然に防ぐ予防策として、バランスの良い食事をすることも大切です。
最近、花粉症に効くと注目されているトマトレンコンヨーグルトなどを含んだ食事を心がけ、食事の栄養バランスをみなすことも花粉症の予防策につながります。

生活習慣の改善

さらに、生活習慣の改善も花粉症の予防には必要です。
不規則な生活で、寝不足が長く続いたり、疲れやストレスなどが溜まってしまうと、、副交感神経の働きが抑えられ、体内でヒスタミンが放出されやすくなり、花粉症を引き起こしやすくなるので、要注意です。
疲れやストレスをためない健康的な生活を送ることが花粉症の予防のためにも大切なのですね。

花粉症は遺伝が原因?

一般に、花粉症をはじめとする各種のアレルギー体質は遺伝すると考えられています。
また、花粉症の場合は、そのアレルゲンとなる花粉も遺伝すると考えられているので、親がスギ花粉症であれば、子供にもスギ花粉症が遺伝する場合があると言われています。
→『花粉症は遺伝が原因?』の詳細ページへ

花粉症かどうかの見分け方

花粉症は喘息や気管支炎などと症状が似ていることから区別しにくい場合がありますね。 しかし、花粉症と他の病気とは明らかに異なる点があり、見分ける方法もありますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

→『花粉症かどうかの見分け方』の詳細ページへ

花粉症の症状を知っておきましょう

花粉症の症状は、主にくしゃみや鼻水、鼻づまり、そして、目のかゆみです。

これらの症状は、花粉によるアレルギー症状で、体の防御反応として起こる症状と考えられています。

花粉症の発症は、人によって反応する花粉が異なっていてます。これらの花粉症の症状は原因となる花粉に接触すると現れるのです。

→『花粉症の症状を知っておきましょう』の詳細ページへ

花粉対策情報 TOP » 2010年12月 のアーカイブ