花粉関連ニュース | 花粉対策情報

環境省の予測発表 スギ・ヒノキ5月中旬に終息

環境省によると、西日本から福島県までのスギ・ヒノキの花粉飛散が5月の上旬、また福島県から北の地方は5月中旬で終息するとのこと。

皆さん、もう少しの辛抱ですね。

 

今年の花粉の飛散量は各地で昨年の数倍レベルに達しているようだ。

しかし、特に東海地方での飛散量が多かったようで、名古屋市では昨年の40倍に達したそうだ。

名古屋の皆さん、元気ですか?

 

 

 

花粉シーズンも後半戦へ

西日本では、スギ花粉からヒノキ花粉の飛散に変化してきます。

また、東北ではこれからがスギ花粉の飛散がピークになってきます。

 

環境省の花粉観測システム「はなこさん」で、花粉の飛散状況をリアルタイムに知ることが出来ます。

花粉の飛散状況を全国の観測地点から収集し、毎時35分ごろにHPで更新されています。

また、過去の飛散状況をグラフで見れたり、便利ですね。

 

 

子供の40.6%が花粉症!

大王製紙が昨日、発表した「子どもの花粉症に関する意識調査」によると、15歳以下の子供の40.6%に花粉症の疑いがあるとのこと。

40.6%の内訳は、「花粉症である」が21.5%で、「たぶん花粉症である」が19.1%。

今年は、例年より花粉の飛散量が多いので、さらに増加しそうですね。

その他、詳しい情報は、マイコミジャーナル

お子様にも安全なカプセルタイプの「べにふうき」がおすすめです。

東京都が「スギ花粉の飛散開始」を発表、昨年の8.5倍の量!

2月18日に東京都は、2月16日にスギ花粉が飛散を開始したと発表した。

例年に比べて、2日ほど遅い飛散開始となったものの、昨年の猛暑の影響で、その飛散量は全国的に多いと予想されている。

都内でも昨年の8.5倍の飛散量が見込まれているとのこと。

皆さん、ちょっと驚きです!

去年の8.5倍なんて、ちょっと怖くなってきますね。

かなり、花粉対策を急がなければという状況ですね。

今年の花粉は?

2010年の夏は、ひどい猛暑でしたね。

去年の夏の平均気温はとても高く、日照時間も長かったので、2011年のスギ・ヒノキの花粉飛散量は、2010年よりもかなり多くなると予想されています。

ちょっとした恐怖を感じる予想ですが、早く知れば早く対策が取れると考え、前向き花粉の季節の準備をはじめましょう。

花粉対策情報 TOP » 花粉関連ニュース