花粉症かどうかの見分け方 | 花粉対策情報

花粉症かどうかの見分け方

花粉症は喘息や気管支炎などと症状が似ていることから区別しにくい場合がありますね。 しかし、花粉症と他の病気とは明らかに異なる点があり、見分ける方法もありますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

花粉症は主にサラサラとした鼻水があり、咳が出る他、花粉症最大の特徴として目のかゆみを伴うため、花粉症かどうかを見分ける時の大きな目安となります。 また、気管支炎の場合はウイルスに感染するため、鼻水は粘性の高いものになり、色も黄色や緑色になることが多いようです。

それに、花粉症では出ても微熱程度の発熱ですが、気管支炎の場合には高熱を出すことがありますので、熱の状態も花粉症と気管支炎を見分ける一つのポイントとなるでしょう。

共にアレルギーの症状である花粉症と喘息は、どちらもアレルギー物質が喉の奥の気道に作用することで起こるため、咳を伴います。 でも、花粉症の場合は、鼻の奥から喉へ鼻汁が流れることで咳が出ることが大きな要因となっており、鼻の症状が改善することで咳も治まるのが特徴です。

そのため、鼻の症状が治まっても咳が続いたり、喘息の特徴でもある喘鳴を伴う咳の場合は喘息を疑った方が良いでしょう。 さらに、花粉症では、気管支喘息の発作をおこすこともあり得ると考えられています。 花粉症の症状がひどい場合や良くならない場合などは、耳鼻科や呼吸器内科などの診察を受けてみると良いのではないでしょうか。

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 花粉対策情報

この記事へのコメント

花粉対策情報 TOP » 花粉症の基礎知識 » 花粉症かどうかの見分け方