花粉症の原因は? | 花粉対策情報

花粉症の原因は?

花粉症が発生する原因は、まだ正確には解明はされていなところも多いようです。

花粉症とはアレルギー反応の一つです。

鼻の粘膜に花粉が付着すると、体が花粉を異物と認識して、この異物から体を守るために攻撃するのですが、過剰に反応して、自分自身まで攻撃してしまうのです。

花粉症になる人は、その花粉に対するIgE抗体を持っています。そのIg抗体は、白血球の一種である肥満細胞と結合しており、花粉が進入するとIgE抗体は花粉の抗原タンパクと結合します。

すると、肥満細胞からヒスタミンなどの神経を刺激する物質が出されます。これが花粉症の症状であるくしゃみ、鼻水、鼻づまりなどを引き起こしていると考えられているのです。

以前より、花粉症の患者は増加しています。

一つに、花粉の量が増加していることがあげられます。

また、住宅でのダニなどが増殖しやすい環境や大気汚染や、大量の食品添加物の摂取も原因として考えられます。

食生活の欧米化も関係しているといわれています。

このように、花粉症は様々な要因が重なって引き起こしているといえます。

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 花粉対策情報

この記事のコメント

この記事へのコメント

花粉対策情報 TOP » 花粉症の基礎知識 » 花粉症の原因は?