花粉症の市販薬 | 花粉対策情報

花粉症の市販薬

花粉症に効果的な市販薬は、内服薬や点鼻薬、点眼薬などがあります。

市販薬の特徴

市販薬の多くは抗ヒスタミン薬が使用されており、ヒスタミンの働きに直接働きかけることにより、急に花粉症の症状が出てしまった時にもすぐに対処することができるよう、即効性が高いものになっています。

しかし、人によっては副作用が強く出てしまう傾向もあるようなので、特に眠気には注意が必要でしょう。
さらに、市販薬は、即効性はあるものの、効果の持続性は低いともいわれています。

この欠点を補い、効果の持続性を上げるためにカプセルタイプにした市販薬も売られており、花粉症に効果的な薬だと考えられます。

花粉症に効果的な市販薬としては、内服薬の他にも、鼻炎薬点眼薬があります。

これらにも内服薬と同じく、抗ヒスタミン薬の成分が含まれていることが多く、即効性が期待できます。

ただ、内服薬同様、効果の持続が期待できず、長期にわたって使用していると、効き目が弱くなってしまうこともあるので、症状が出たときだけ使用すると良いでしょう。
 

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 花粉対策情報

この記事のコメント

この記事へのコメント

花粉対策情報 TOP » 花粉症の基礎知識 » 花粉症の市販薬